ホーム > 現金化 > 業者に依頼しないで自分で行うクレジットカード現金化について

業者に依頼しないで自分で行うクレジットカード現金化について

ショッピング枠で何かしらの商品を購入した後で、転売して利益を得る行為をクレジットカード現金化といいます。

方法としては、自分で商品を売買することと業者に依頼することが挙げられます。

自分で行う場合には業者に依頼する場合の手数料が不要なので方法次第で換金率が高くなり、プレミアの付いている商品は購入した金額以上で売却できることもあります。

購入金額よりも高く売ることはなかなか難しいですが、長い間人気の高い商品を選ぶことで購入価格と買取価格の差額を小さくすることが可能です。

自分で行うクレジットカード現金化に使われる商品には、家電やブランド品などがあります。

家電はインターネットの比較サイトで値段を調べてインターネットショッピングで購入し、オークションで転売します。

家電は高値で取引される傾向にあり、購入金額よりも高く売れる場合があります。

また、インターネットで取引ができるということで都市だけでなく地方でも利用できます。

ただし、現金を入手するまでに時間がかかります。

また、買い手が付かなければ買取価格を大幅に下げる必要があります。

ブランド品はクレジットカードで購入することが多い商品なので、大量に購入するなど不自然な買い方をしなければカード会社から転売を疑われる可能性が低いです。

新品未使用や人気商品の場合には、換金率が90%を超える場合もあります。

ただし、ブランド品は商品ごとに人気の度合いが様々なので、ある程度の知識がなければ買取価格が二束三文になります。

したがって、事前に買取価格などの情報を調べておくことが大切です。

自身で現金化をするとリスクが高くなりますので、優良の現金業者に依頼するのが一般的になります。

ですが現金化業者も悪質な業者が増えていますのでご注意ください。

いろいろ業者をしらべてみて、安心して利用できそうな口コミサイトを見つけましたので参考にしてみてください。

 

ビックギフトの口コミはこちら


タグ :